第50回 創玄展

創玄展が本日で終了しました。

今年は第50回という記念すべき年でしたが、

青伸書道会より多数の入選、入賞者を出すことが

できました!

出品された皆さんがよく頑張ってくれました。

 

お疲れ様でした♪

 

今回の私の作品は古典の香りが漂う、力強い書を

目指しました。

併せて、注目していただきたいのは落款の部分です。

「甲午大寒後三日書于虎谿堂東窓下」

ここからこの作品を書いた日にちが

読み取れるのですがいつだかわかりますか?

 

答えは1月23日!

 

2014年の大寒は1月20日で、その3日後・・・という

意味です。

 

 

今回、特選を受賞した生徒さんの作品をご紹介しつつ

短評を添えてお祝いとしたいと思います。

 

《評》

木簡の隷書を素材として、大らかで伸びやかな筆致が

魅力的な作品です。

「静」の字の最終画が作品の見せ場となっており、大きく

湾曲した最終画は、空間を広く捉えて安定しています。

また、墨の滲みとかすれの対比が美しく、穏やかな作調の

中にも作者の心の動きが感じられます。

余白の白が輝いており、清潔感のある快作です。

 

 

                                                                OCTOBER